酵素の役割とは?

酵素の役割とは?

体内で作られる酵素には
消化酵素、代謝酵素、2つがあります。

 

酵素の役割は簡単に説明すると、取り入れた栄養素を分解し吸収する役割があります。
ビタミンの役割と似ていますが、ビタミンさえも酵素がないと十分に活動できません。

 

こんなにも大事な酵素ですが、驚くことに以前はそれほど重要視されていませんでした。
その理由は、体は無限に酵素を作り出してくれると考えられていたからです。

 

しかし研究を進めていくうちに人それぞれ、酵素の限界量があることがわかってきました。

 

酵素が足りなくなると様々な症状が体に表れます。

 

便秘、肩こり、肌荒れ、生理不順、冷え性、肥満…。

 

このことからも近年では酵素が特に注目されてきました。

 

年を取ればとるほど体の中の酵素は少なくなっていくわけですから、

 

足りない分を食事で補ってあげる必要があります。

 

酵素を摂るうえで1つ気をつけなければならないことがあります。

 

酵素は熱に弱いのでできるだけ生の状態で摂取する必要があります。

 

生肉や魚にも酵素は入っていますが、体のことを考えると火を通して食べるたほうが安全ですね。

 

そのため、酵素をとる代表的な食べ物は野菜や果物になるでしょう。

 

発行食品にも酵素がたくさん含まれているので積極的に摂っていきたいですね。